So-net無料ブログ作成
検索選択
アニメ ブログトップ

進撃の巨人8話でアレの正体が(ネタバレ) [アニメ]


進撃の巨人8話の放送が終わりましたね。

というわけで、今週も文字でお届けする進撃の巨人。動画じゃなくて、文字がイイ!という奇特な方だけ、続きをお楽しみくださいw




(ここより下、ネタバレ注意)



巨人を殺す巨人を目の当たりにして、混乱しつつも希望を感じるミカサ、アルミン、コニーの3人。

戦闘力の高いミカサになんとか本部へ辿り着いてほしいと願うアルミン。
自害用にひとつだけ剣を残すと、自らのガスと武器をミカサに託し先を急ぐように伝えます。

自分の代わりに死んだエレンへの罪悪感から、死を覚悟するアルミン。

そんなアルミンを、ミカサとコニーは諭し、一緒に行こうと手を引き走り出します。しかし、人をひとり抱えたまま群がる巨人を倒し本部へ辿り着くなど、ほぼ不可能に近いことはアルミンもわかっています。

コニーに腕を掴まれて走りながら、アルミンは考えを巡らせます。そのとき背後から、巨人を殺す奇行種の唸り声が聞こえ、アルミンはひらめきます。提案があると、二人を止めるアルミン。

そして、奇行種(巨人を殺す巨人)を利用してみないかと提案するのです。いずれにせよ死の確率は高いままですが、何もせずに死ぬよりは、わずかであっても可能性にかけようと、ミカサもコニーも、アルミンの提案を受け入れます。


場面は変わって苦悩するジャン。目の前で仲間が巨人に食われています。自分に仲間を率いる資格はあるのかと自問自答します。(w苦悩してる暇あるんかい!(・ω・;)汗)

しかし、ジャンは気がつきます。捕まって食われている仲間に巨人の注意が向いている今こそ、本部へ辿り着くチャンスだということに。

ジャンは、身動きの取れる他の仲間たちに、本部へ急ぐように叫びます。何とかして巨人を振り切り、本部へ辿り着いたジャンたち。しかし、辿り着いた仲間の少なさに、再び苦悩するジャン。(再:ww苦悩してる暇あるんかい!(・ω・;)汗)

そこで補給班のメンバー二名が、机の下で震えているのを見つけます。怒りにまかせて、一人を殴りつけるジャン。しかし、もう一人が言います。「補給所に巨人が入ってきてどうすることもできなかった」と・・・。

人が一箇所に集中しすぎたせいか、ジャンたちのいる場所にも巨人が二体現れ、襲いかかってきます。こんなでかい奴らに勝てるわけがない、と半分投げやりになったジャン。しかし、絶望に囚われるジャンの前に、例の奇行種(巨人を殺す巨人)が現れ、二体の巨人を同時に殴り飛ばします。

一瞬何が起きたのかわからず、困惑するジャン。

ちょうどそこへミカサと、コニーに抱えられたアルミンが辿り着きます。無事を喜ぶコニー。そして、その場にいる仲間たちに、今皆が目にした奇行種は巨人を殺す巨人で、人間には興味を示さないと説明します。さらにあの奇行種を利用すれば、ここから逃げられるということも・・

あまりのことに、いまいち事態を飲み込めない仲間たち。それもそのはず、これまで巨人を殺す巨人など存在しなかったのですから・・・。


場面は変わって、本部の別の階。仲間たちが散弾銃を見つけてきました。

それを見て、補給室を占拠している3、4メートル級の巨人が七体のままであるという前提のもと、、アルミンは自分の計画を話し始めます。しかしその計画は、その場にいる全員の命を賭ける必要があり、チャンスは一度切り。さらに成功する確約がないため、仲間にそれを強いるのは申し訳ないと苦悩します。

一方、仲間たちはアルミンの計画を聞き、実行しようと言います。それでも自信を持てないアルミン。

それを見たミカサは、

「あなたには正解を導く力があり、それによってエレンも私も命を救われた」

と告げます。アルミンには、自分の身代わりで死んだエレンのこともあり、ミカサの言うことが理解できませんでした。

(※アルミンの計画とは・・・運動能力の高い兵7人が、先に補給所に忍び込んで攻撃ポイントにつく。次に、リフトで他の兵たちが補給所に下りていく。リフトで下りてくる兵たちは、巨人7体の目を引く役割。7体の巨人をぎりぎりまで引きつけて、同時に7体の顔を散弾銃で攻撃。巨人7体が怯んだら、攻撃ポイントについていた兵たち7人の出番。背後から急所に切り込んで倒す、というもの。)


場面は変わり、補給室へと急ぐミカサたち。限られた時間の中、アルミンの計画を実行に移すため、その他の兵たちもリフトへと乗り込むのでした。


補給室では7体の巨人がうろついています。そこへゆっくりと下りていくリフト。

いつ巨人が手を伸ばしてくるかわからない恐怖の中、散弾銃を構えた兵たちはぎりぎりまで巨人たちを引き付けます。

そして・・・・

一斉に発砲!




目がくらんだ巨人たち。攻撃ポイントで待機していたミカサら7名の兵が、巨人の急所に背後から切りつけます。
しかしサシャが狙った巨人は倒れず・・・!そのまま全員返り討ちに会うかと思いきや、ミカサとアニの援護により、事なきを得るのでした。(パチパチパチw ミカサとアニは強いw)

ようやく燃料を補給することができ、次々と壁を登る兵たち。

しかしミカサは壁を登らず、一点を見て立ち尽くしています。奇行種(巨人を殺す巨人)が、生きながら食われているのです。ミカサは、人類を救うキーになるかもしれない奇行種を救おう、と仲間たちに訴えます。

しかし意見がまとまらないうちに、別の巨人が現れます。トーマスを食った巨人です。すると、それまで食われていた奇行種が、突然叫び声を上げてトーマスを食った巨人へと突進し、急所近くに噛み付き、食いちぎります。両手をほぼ失っている奇行種が、このような動きを見せるとは思いもよらず、ミカサたちは驚きます。そして、トーマスを食った巨人を倒したあと、ついに奇行種も地面へと倒れ込むのでした・・・・。


ジャンは先を急ごうと皆を促すものの、ミカサは動けずにいました。土煙が舞う中、ひたすら目を凝らします。そして、倒れこんだ奇行種の首のあたりに何かを見つけたミカサ。とっさに近寄ります。目を疑う光景。

それは、愛するエレンでした。




エレンが死んだと聞かされたときには、涙ひとつ流さなかったミカサ。

しかし、エレンの心臓の鼓動を聞いた途端、子供のように声をあげて泣き出すのでした。


(このシーンには、胸が熱くなりました。。(;ω;)音楽も良すぎた。グスン)

さあ今回のまとめ。ブログタイトルでもある「アレの正体」についてですが、
もうお分かりのとおり、「奇行種の正体は、エレン」でした。



アニメ 進撃の巨人は、次回で9話目。予告によると・・・

巨人を駆逐したいという思いが強すぎて巨人に変化(へんげ)したエレン。それを脅威と感じた中東兵団が、エレンに牙をむきます。・・・さあどうなる?!というような内容でした。(不憫なエレン。胸痛。)

動画ではなく、文字でお届けする進撃の巨人、今週はいかがでしたか。数日のタイムラグがあるのに、いつも最後まで読んでくださってありがとうございます。

それでは、来週もアニメ放送日の数日後に、またお会いしましょう(・ω・)w♪


nice!(1) 

進撃の巨人7話で目を疑う事態(ネタバレ) [アニメ]


進撃の巨人7話では、目を疑う事態が発生しました。
文章で進撃の巨人7話を楽しみたい!という奇特な方だけ、続きをお楽しみください。


(ここから先、ネタバレ注意)



前衛の兵士たちは、ほぼ壊滅。訓練兵たちのガスは残りわずか。

撤退の鐘が鳴ったものの、現場に出ているジャンら訓練兵たちは壁を登ることができずにいました。
補給班が戦意を喪失して、本部に篭城してしまい、ガスの補給が途絶えたのです。

訓練兵たちは、群がる巨人を蹴散らしてガスを補給するしかないとは分かっていても、
指揮を執る人間もおらず、残り少ないガスでは巨人を倒す機動力も確保できず、
従って壁を登ることもできず、というまさに八方塞がりの状態で、死を覚悟する者まで現れる始末・・・。



そこへ後衛についていたミカサが現れます。アルミンを見つけたミカサは駆け寄り、エレンの安否について尋ねます。

アルミンは歯を食いしばり、

「訓練兵34班・・・・トーマス・ワグナー、ナック・ティアス、ミリウス・ゼルムスキー、ミーナ・カロナイナ、エレン・イェガー・・・!!!

以上5名は、自分の使命を全うし、壮絶な戦死を遂げました・・・!!」

と告げます。そして、自分の身代わりに死んだエレンについて、ミカサに泣きながら詫びるのでした。

そんなアルミンを見たミカサは(泣き崩れるかと思いきや)、アルミンを気遣い、
感傷的になっている場合ではない、と立ち上がるように言うのでした。

歩きながら、ミカサは仲間に問います。本部に群がっている巨人を排除できれば、
みんなはガスを補給することができて、壁を登ることができるはず、と。

わかっているが、どうやってと異論を唱える者に対して、ミカサは言い切ります。

「私は強い。あなたたちよりも強い。すごく、強い。

ので、私はあそこの巨人どもを蹴散らすことができる。例えばひとりでも。

あなたたちは腕が立たないばかりか、臆病で腰抜けだ。

とても残念だ。ここで指をくわえたりしてればいい。くわえて見てろ。」






それでも反論する者たちに、ミカサはこう返します。




「できなければ死ぬだけ。でも勝てば生きる。
戦わなければ勝てない。」


と・・・。

仲間に発破をかけ、何かを振り切るように先陣を切って巨人に挑んでいくミカサ。
しかし無謀な行動は、残り少ないガスを使い切るには充分でした。

案の定、ガス切れを起こして、地面に不時着したミカサ。愛するエレンの死に直面し、
絶望を感じられずにはいられません。壁を背にしたままひざをついて、死を覚悟したミカサは目を閉じます。

そこへ現れる巨人。ミカサへと近づき、手を伸ばします・・・。

無意識に巨人の手を切りつけるミカサ。
死を覚悟したはずなのに、と自らの行動が理解できぬまま、反撃し続けます。

そして、気が付くのです。

生きるんだ、戦うんだ、戦わなければ勝てない!と教えてくれたエレンの言葉が
自らの血となり、肉となっていたことに。
一瞬でも、エレンの教えに背くようなことをした自分を恥じ、ミカサは目を覚まします。

しかし、ガスが無く機動力の無いミカサに、すでに残された手はほとんどありませんでした。

巨人の手から逃れようと方向を変えたミカサ。するとそこには別の巨人の姿が・・・。
前後を巨人に塞がれたミカサですが、二度とあきらめないと心に決めたばかり。
雄叫びをあげながら前方の巨人に斬りかかって行くのでした。



衝撃とともに地面に倒れこむミカサ。何が起きたのか、瞬時には理解できません。


巨人が・・・


巨人を・・・


殺してる・・・・( ゜Д゜)










完全には状況を飲み込めないミカサではありましたが、巨人が巨人を殺す様を見て、かすかな希望を感じずにはいられませんでした。

ガス切れを起こしたミカサを助けに来たアルミンとコニーも、その巨人を目にします。

巨人の弱点を理解して巨人を殺す巨人・・・。



これぞまさに、目を疑う事態。

しつこいようですが、過去回のような意味不明の鹿が急に現れるとか、風景画でお茶を濁すとか、
そういう意味での目を疑う事態ではありませんww

一体、8話はどうなるのか?!進撃の巨人から、今後も目が離せません!!


nice!(1) 

進撃の巨人、6話でミカサの過去が(ネタバレ) [アニメ]

高い戦闘能力、そして感情表現をあまりしない印象があるミカサですが、
5話で巨人に足を食われ、飲み込まれてしまった(結局死んだの?)エレンに対しては別。

そんなミカサの過去が、第6話では少し明らかになりました。

動画ではなく、文章で進撃の巨人の6話を楽しみたいという奇特な方だけ、続きをお読みください。。w




白人の父と、東洋人の母を持つミカサ。

ある日、母に刺繍を習っていたところ訪問者がドアをノックする音が。
(刺繍を習っているミカサはとても素直です。ミカサっぽくなくてかわいいw)

その日は、イェガー医師(エレンの父親)が訪れる予定だったので、
ミカサの父が何の疑問も持たずにドアを開けたところ、
訪問者を装った賊にナイフで刺され死亡・・・。

それを見たミカサの母は、ミカサを逃がそうと必死で抵抗するものの、
あえなく斧で叩き殺されてしまいます。

賊が一家を狙った理由は、人身売買。


劇中の設定で、ミカサの母は東洋人の末裔とされています。
しかし人類が壁の中で暮らすようになってからというもの、東洋人は減っていく一方。
稀少な人種であり売れば高値が付くことから、
3人の賊は、ミカサの母とミカサを捕らえることを目的に家を訪れたのでした。

賊がミカサを連れて別の小屋へ移動。

それを知らずに、イェガー医師とその息子エレンが、ミカサの家を訪ねます。
しかし、そこは一面血の海。

状況を見たエレンの父、イェガー医師は、エレンに山のふもとで待機するように言い残し、
憲兵団へ知らせるために現場をあとにします。


場面は変わって賊の小屋。拘束され、床に転がされているミカサ。

そこへ、エレンが現れます。

山で迷ってしまった純朴な少年を装うエレン、
油断した賊の胸を一突きして、まずは1人目を仕留めます。

1人目が倒れたのを見届けて、ドアを閉めて身を一瞬くらませるエレン。
エレンを追いかけようとドアから出てきた賊を、ヤリのような武器で返り討ちにします。

賊を始末して、ミカサの拘束を解くいていると、(これが2人の出会いですよ!!)
ミカサがつぶやきます。

「(賊は)3人居たはず・・・」とw

そして背後から現れた3人目の賊にエレンは攻撃され、
首を絞められ抵抗できない状態に。

動けるのはミカサのみ。エレンは怯えるだけのミカサに叫びます。

「戦え、戦うんだ!」 「戦わなければ勝てない!!」

エレンはすごいですね。子供とは思えない力強い言葉です。

その言葉によって、ミカサは残酷な世界を生きるために、目覚めるのです。
(3人目の賊は、ミカサの手によって始末されました。)

というわけで、多少はしょった部分もありますが、以上が進撃の巨人の6話の内容です。

エレンとミカサの結びつきが強い理由が、とてもよくわかる回でした。

ちなみに、5話のように地域によって画が省略されたり、
意味も無く鹿が現れたり、エレンの目が乾いちゃうくらいドアップになって数秒停止。
なんてことはありませんでしたww


製作現場のみなさまの無事を引き続き祈ります。
(-人-)(特に作画担当の方)




nice!(0) 

ジブリの新作「風立ちぬ」で、あの庵野さんが声優にw [アニメ]

「あの庵野さん」とは、アニメ:エヴァンゲリヲンの監督として広く知られている庵野秀明氏。

主役の声を担当する声優として、宮崎駿監督が庵野氏を選びました。

ジブリの新作「風立ちぬ」は、2013年7月20日(土)公開。
庵野氏が演じる役は物語の主人公、堀越二郎です。

これを知ったアニヲタと呼ばれるアニメをこよなく愛するセミプロ集団のみなさまが、
2ch(2ちゃんねる)で相当盛り上がっておりました。

「庵野何してんのwwww」
「ぱやお(=宮崎駿)どんだけ庵野ラブなんだよw」

と言った具合です。なんか楽しそうww

庵野氏は以前宮崎監督のもとで働いており、
ナウシカの巨神兵をデザインしたことでも知られています。

宮崎監督のもとから巣立って、自身がアニメで成功してからも
風通しの良い関係を続けているんだろうな~というのが感じられるニュースでした。

nice!(2) 

進撃の巨人の5話が大変なことに(一部ネタバレ) [アニメ]

なにが大変かというと、放送された地域によって内容が違うww

たとえば、

・コマ割りが違う
・意味不明な風景画が入る(煙が上がる城内の広場※何度か登場w、花畑のある城も)
・鹿が現れるw
・エレンの目がどアップの状態で止まる(これで数秒)
・ところどころ話しがつながらない(え?!どこで足食われた?!みたいなのとか※ネタバレ)

等々・・・それはもうやっつけ仕事という表現がぴったり。
作品の品質が良く、評判も高いアニメだったはずなのに、一体何が起きているのか。

その原因は、
無理な放送スケジュールを製作現場に強いている広告代理店やテレビ局だ!!
(╬ಠ益ಠ)怒!!

とは、アニメファンたちの見解。

たしかに・・・。アニメだけで食べていけてる人って、、、。
思いつくのは、宮崎駿さん、庵野秀明さんとか、そういうメガ級に知名度高い人たちくらい。
(かめこの素人レベルの視点で見ると、という意味です)

現場で汗を流している名も無きスタッフさんたちは、ちゃんと食べていけてるのかな。
わが国、日本、、、。ものづくりを誇りにしているはずなのに、
実際手を動かして作っている人たちへの評価が歪んでますね。

ちょっとグロい部分もあるけど、品質の高い疾走感のある画やストーリー展開で
ハラハラドキドキさせてくれるアニメ「進撃の巨人」は、まだ5話が終わったばかり。

残り20話(全25話)ですよ。どうなる進撃の巨人。
製作現場の人たちがつぶれないことを祈るばかり。
アニメ本編よりも、そっちが気になり始めたかめこです。

ちなみに、各局の放送日は次のとおり。

MBS 毎週土曜25時58分~

TOKYO MX 毎週日曜23時30分~

テレビ愛知 毎週月曜26時35分~

福岡放送 毎週月曜25時59分~

北海道テレビ 毎週月曜26時20分~

テレビ大分 毎週月曜26時18分~

BS11 毎週火曜24時30分~

ニコニコ動画 毎週水曜22時~

nice!(0) 
アニメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。