So-net無料ブログ作成
検索選択

米フォーブス誌:世界で最もXXXのある女性ランキングを発表 [国際]


アメリカの経済誌:フォーブス誌が、世界で最も影響力のある女性ランキングを発表しました。上位10人はこちらです(・ω・)

1位 アンゲラ・メルケル 独首相

2位 ジルマ・ルセフ ブラジル大統領

3位 メリンダ・ゲイツ ビル&メリンダ・ゲイツ 財団共同会長

4位 ミッシェル・オバマ 米大統領夫人

5位 ヒラリー・クリントン 前・米国務長官

6位 シェリル・サンドバーグ 米フェイスブック 最高執行責任者

7位 クリスティーヌ・ラガルド IMF専務理事

8位 ジャネット・ナポリターノ 米国土安全保障省長官

9位 ソニア・ガンジー インド国民会議派総裁

10位 インドラ・ヌーイー 米ペプシコCEO


確かに影響力の強そうな方々が名前を連ねていますねぇ。ベストマザー賞のときもそうでしたけど、こういったランキングを見ると、それがどのように決められているのかが気になります。というわけで、さっそく公式ページを調べてみたところ、次の3つをメインの基準として選出していると書かれていました。




カネ、どんだけ持っとんねん (゜д゜)



メディア(マスコミ)における存在感、どんだけあんねん (゜д゜)



どんだけの衝撃を(人々に)与えとんねん (゜д゜)






これを見たとき「世の中、金 (゜д゜)」というのが、あらためて理解できましたww


ちなみに、トップ100に日本人の名前はランクインされていませんでした。女性に、女性らしさや奥ゆかしさを求める日本の文化では、パワフルな女性が活躍できて世間(日本の)がそれを喜ぶという風潮は、なかなか育ちにくいだろうとかめこは思います。(それが良いか悪いかは、意見が分かれるところですがw)



※翻訳についてお断り・・・日本語に直訳するとおかしな単語になり意味が伝わらくなってしまったので、かめこが勝手に意訳しました。個人ブログですので、そのあたりはご理解くださると嬉しいです。。

nice!(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。